So-net無料ブログ作成
検索選択

らせん菌の申し子?

潰瘍性大腸炎に罹っていたランス。
だいぶ落ち着いてきたので
ビオフェルミンを毎日飲みつつ
下痢をした時だけ
潰瘍性大腸炎の薬を飲む
というのを続けていました。


が、3日ほど前から再び下痢に…。
潰瘍性大腸炎の薬を飲ませてみたのですが
薬が効いていないようで
下痢が続いていたり[バッド(下向き矢印)]
変な話ですがオナラが臭すぎる[もうやだ~(悲しい顔)]


というわけで、今日病院へ行って来ました[病院]


今朝した便を検査して頂いたところ
前に感染したのと同じ細菌・らせん菌に再び感染しているとのこと。
お医者さまが顕微鏡を見せて下さったのですが[目]
細い糸状のらせん菌がいっぱいいましたよ[あせあせ(飛び散る汗)]


お医者さまによると
らせん菌の下痢がまだ近所で流行っているそうで
特にお腹の弱い子は菌をよくもらってくるそうです[犬]


なので、前と同じように
アスゾール(菌を殺す薬)とビオフェルミンを
一緒に一週間ほど飲むことになりました。
??-30.JPG
食欲もあり、吐き気はないのでプリンペラン(吐き気止め)は今回なしです。


フィラリアの薬をそろそろ飲む予定なので
アスゾールと同時に飲んでよいか確認したところ
食後にアスゾールを飲んで
2、3時間後にフィラリアの薬を飲んで下さいとのことでした。


原因は違えど
ランスは6月下旬か7月から下痢続きです。
見た感じでは食欲もあるし、
散歩も喜んで行くし、
??-31.JPG
ボールでも喜んで遊ぶし、
??-32.JPG
元気は元気なのです。


でも、お腹痛くないのかな?とか
本人がどう感じているのか心配。
お尻をかゆがる素振りを見せるので
黄門さまがヒリヒリするんだろうか…?
早く治って欲しいです[ダッシュ(走り出すさま)]


病院に行って疲れたみたいで
??-29.JPG
今はよく寝ていますよ。


ノアさんのトリミング

昨日、ノアさんトリミングへ行ってきました〜。
いつもお世話になっているfucaさんです。


送迎の電話がかかってくると
テンションMAX[グッド(上向き矢印)]
大喜びで出かけて行きました。


トリミング後の
送迎のまでの間
他のわんちゃんと放し飼いで遊べるので
fucaに行くのはかなり楽しいみたいです[ぴかぴか(新しい)]
あと、実はノアさんかなりの女好き[黒ハート]
トリマーさんが女性なので
それもまた楽しいのでしょう[わーい(嬉しい顔)]


午前11時前に自宅を出て
午後17時半ごろに帰宅。


今回もご機嫌[犬]


外でトイレして
水を飲んで
定位置で休憩〜。
??-24.JPG
まだまだ暑いので
全体的にすいてもらっています。


いっぱい遊んだせいか
少し疲れた様子ですが
??-26.JPG
とっても楽しかったみたいです。


トリマーさんが書いて下さる通信簿。
??-27.JPG
この時期、耳の中が少し汚れやすいですね。
あと忙しくて、マメに掃除できなかったせいもあるかな。反省[バッド(下向き矢印)]
トリミング中は良い子にしてたみたいで
安心しました[わーい(嬉しい顔)]

潰瘍性大腸炎? その後

前の記事で書いた潰瘍性大腸炎の続きです。


今週の水曜日、
頂いた薬を飲み終わりました。
薬を飲んでいる間,
下痢をすることなく、
調子は良かったです。


が、木曜日の晩に再び下痢。粘膜便でした。


というわけで、金曜日に慌てて病院へ連れて行きました。
病院へ歩いて行くまでの間にうんぴして
それを検便のためお医者さまに渡しました。
下痢でなく、普通の便でした。


検便の結果、普通に良い便とのこと。
薬も効いていたので、
やはり潰瘍性大腸炎だと診断されました。


これからも時々粘膜便が出ることがあるけど、
便も大体落ち着いてきたので、
潰瘍性大腸炎の薬は常用ではなく、
頓服扱いになりました。
写真左側のサラゾピリン500mgという薬です。
??-19.JPG
あとはビオフェルミンを2週間飲み、
ビオフェルミンを飲み終わった後も
市販のものでもいいから
様子を見て1日2回、1回2錠与えることに。
写真右側がビオフェルミンです。


細菌に感染した7月から下痢が続いていたので
一時はどうなるかと思いました。
犬の下痢をネットで調べると
下痢→抗生剤→耐性ができる→下痢
のループを繰り返す子も多いという情報もあったので
実はかなり心配していました。
が、ランスの下痢に関してはかなり寛解したので
ほっとしていました。
??-28.JPG


潰瘍性大腸炎?

記録用に書いてます。
ちょっと長いです。


ちょっと前に感染性の腸炎に罹ったランス。
下痢(粘膜便)、嘔吐、検便の結果から
感染性の腸炎でしょうということで
??-18.JPG
細菌と殺す薬(アスゾール)
とムカつきを抑える薬(プリンペラン)
を2週間ほど飲んでいました。


便の調子も良くなり、
薬も飲まなくなった数日後
再び下痢が始まりました。
嘔吐はありませんでしたが
粘膜便が見られました。


というわけで
今日病院へ行ってきました。


先生によると、
「2週間も薬を飲んだので、さすがに菌は死んでるでしょう。
ただ、潰瘍性大腸炎に罹っているかもしれない。」とのこと。


潰瘍性大腸炎は免疫が腸の表面を攻撃する病気
症状として粘膜便が出るようです。


「検索すると『難病』とか出てくるけど
動物の場合は薬で簡単に治るから大丈夫ですよ。
5日間薬飲んでから検便してみましょう。」


「2週間飲んでた薬は、
殺菌する効果がメインだけれど
免疫に対して働きかける効果が少し入ってるので
それで薬を飲んでいる間は
下痢が治まってたのかもしれない。」とのことでした。


バリウムを飲んだり
内視鏡での検査もあるけど
苦痛を伴うので
安全性が確認されている薬で
対処療法的に治療をすすめることになりました。
??-16.JPG
サラゾピリン500mgという薬です。


あと、子どもの時から下痢しやすく
他の病院では整腸剤や療法食もすすめられて
療法食を食べている間は治まるけど
それでは根本的に治らなかった、
手作りご飯と市販のフードで
ここ3年ほど落ち着いていた、
という話をしたら
「元々、潰瘍性大腸炎を持っていた可能性がある。」
とも言われました。


サラゾピリンで下痢が治ったら
潰瘍性大腸炎に罹っていたということが確定します。


その反面、子どもの頃から引っ越し前まで通っていた病院では
この病気に元々罹っていたが
それに気付いてもらえてなかった可能性も否定できないので
逆にちょっと怖くなりました
(潰瘍性大腸炎にいつ頃罹ったかは
 今となっては特定できませんが)。
病院や医者によってこうも違うのかと。
かなり有名で、患者さんも多いんですけどね。


現在通っている病院は
引っ越し後に通い始めたところです。
ちょっと前に気圧とノアの不調についても
的確に診断して下さったこともあり
かなり信頼しています。
ランスの下痢も根本的に治るといいなあ。


病院から帰宅後、クールダウンして
ちょこっとボールで遊んだりして、寝ています。
下痢以外は食欲もあるし、
散歩も行くし、元気は元気ですよ〜。
??-15.JPG
ニコニコしてる写真を載せたかったのですが
最近カメラを嫌って、撮らせてくれないんですよね[たらーっ(汗)]


病気については、また後日報告します〜。

キョンシー?

掃除していて
ふと気づいたら
ノアさん、こんな格好になっていました[わーい(嬉しい顔)]



キョンシーならぬ、ノンシー?
??-12.JPG



ランスもこの角っこが好きみたいで
こんな格好で寝てましたよ[眠い(睡眠)]
??-14.JPG

ノアさんのお誕生日

色々忙しくってブログ放置してました[あせあせ(飛び散る汗)]



2人とも元気ですよ〜。
ただ、ランスが感染性の腸炎に罹ってました。
元気だし、食欲もあって、
普段と変わらない感じなのですが
うんぴがゆるゆるでした。
しばらく薬を飲んで、治りました。



そんな今日はノアさんの6歳のお誕生日
お盆だけどパパさんお仕事だったり
晩にちょっと用事があったりで
バタバタなので
わんちゃん用のケーキアイス
とりあえずお祝いしました。
DSC03692.JPG
お誕生日用のご飯は後日ゆっくり作ってあげる予定です。



DSC03743.JPG
ノアさん「写真撮ってないで、早くちょうだい!」



写真だと分かりづらいですが
2人ともケーキよりアイスの方が気にいったみたい[ひらめき]
DSC03748.JPG
ノア「ちびちゃん食べ過ぎ!」



ノアを家に迎えてから
特に一通りの躾が入るまでの間
毎日予期せぬ出来事の連続だったので
1日1日がとても長く感じていました。



ですが、6年目を迎えた今は
あっと言う間だったなと感じたりもします。



これからも日々ノアランスと向き合いつつ
元気に長生きして欲しいと改めて思います。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。